バックルが緩む・しまらない

バックルが緩む・しまらない

お客様がいつもお使いのお時計、気づくとバックルが緩んでいる、またバックルの留まりが甘くうまく閉まらなかったり、時々外れてしまうということはありませんか?
バックルを締める部分の部品が、摩耗により緩んできてしまいます。
毎回お時計を腕にはめる時に使う部品ですので、他のものよりも経年劣化が顕著となります。

お時計をはめている時に、バックルが緩んでお時計を落下させてしまうケースもございます。
大切なお時計を傷つけてしまう前に、少しでもおかしいなと思われましたら、時計店にて相談くださいませ。

バックルの留まりが甘くなってしまう原因とは?

バックルの留まりが甘い症状は、バックル部分の歪みにより、本来留め金が引っかかる部分がズレてしまい、しっかり留まらなくなります。

では、バックルはなぜ留まりが甘くなってしまうのでしょうか。
原因として多い場面は、バックルを開ける時の勢いで、留める方向とは真逆の方向に力が加わる事がございます。
その際に、バックルの形状とは逆方向に変形してしまいますので、留め金の噛み合いが悪くなり、留まらなくなります。

その他の原因は、バックルの留め金や、ピンの磨耗でございます。
長年ご愛用頂いているお時計に多く見受けられる症状でございますが、ピンが磨耗し細くなる事により、バックルにガタつきが発生致します。

まずは、お時計の状況を確認をさせてください

歪みの程度が大きくなければ、専用の修正機で歪みや曲がりを調節し、しっかり留まるように改善致します。
留め金が磨耗している場合は部分的な部品の交換や、バックルに使用されるバネを交換することにより、バックルとしての機能を回復致します。

部分的な修正や交換で解消できない場合はバックル交換、もしくはベルトごと交換になります。 
モデルによって、バックルのみ交換の場合もございますし、ベルトごと交換になる場合もございます。
一度拝見させていただきまして、どのような方法がよいか提案させていただきます。

修理代金は、100%ご満足いただいた上で後払いいただいています

当修理工房での修理代金は、100%ご満足いただいた上での後払いですのでご安心くださいませ。
お困りのことがございましたら、まずは「お問い合わせ」よりご相談をお寄せくださいませ。確認次第、担当より折り返しご連絡をさせていただきます。

ただし、私たち名古屋時計修理工房は、創業から一貫して「いちど時計の内部を拝見した上で、修理の方法と費用をお伝えする」という方針を採っております。

もし、修理に掛かる費用が予算に見合わなければ、遠慮なくお断りくださいませ。
その際、返送の費用はご負担いただきますが、必要以上にお支払いをいただくこともございませんし、職人たちに負担を強いることもなく、とても健全な関係性を維持できます。
この点についても、ご理解をいただければ幸いでございます。

> ご相談・お問い合わせはこちら

名古屋時計修理工房へお気軽にご相談ください070-6410-2739平日 … 10:00〜19:00
土曜 … 10:00〜17:00

お問い合わせはこちら
担当者直通電話番号はこちらです
070-6410-2739
平日 … 10:00〜19:00
土曜 … 10:00〜17:00

名古屋時計修理工房とは

私たち名古屋時計修理工房は、愛知県名古屋市に修理工房とオフィスを構え、愛知県、岐阜県、三重県のお客様を中心に時計の修理を承っております。
当工房では、古くから豊富な経験と知識を持つ1級時計技師が、職人技でお客様の大切なお時計に再び命を吹き込みます。

ロレックスオメガカルティエ、などの高級腕時計から、シチズン、セイコー、カシオなどの国産腕時計、また古い時計やマイナーな時計など幅広い種類のお時計の修理を承っております。

名古屋駅から徒歩15分

お越しの際は事前にお電話でご連絡ください。

愛知県名古屋市 西区那古野1丁目15−18 那古野ビル南館 214

最寄り駅:
地下鉄桜通線 国際センター駅 2番出口より徒歩3分
「藤一番」さんがあるビルの2階です
PAGETOP